葛尾村復興交流館について

葛尾村復興交流館は、東日本大震災および東京電力福島第一原子力発電所事故による、葛尾村全村避難からの復興のシンボルとして建設されました。

村民による交流活動を支援し、日頃から休憩や村内の情報収集の場所として気軽にお立ち寄りいただける場所をとなっております(全館フリーWi-Fi設置)
  • 交流スペース1
    利用例:会議(ミーティング)・研修会・講義(講習会)・演奏会・等
  • 交流スペース2
    利用例:写真や手芸品の展示会・品評会・コンテスト・体験教室・等
  • 交流スペース3(和室)
    利用例:子ども向け体験教室・手芸教室・等
  • 情報発信スペース
    施設利用窓口として、村内外の利用者に村内各施設の紹介や使用の斡旋も行います。
  • かつらお物産展(情報発信スペース内)
    山村の特性を活かし、自分の作品・商品を展示・頒布することが出来る場所となります。詳しくは復興交流館までお電話下さい。
  • 放射線検査
    現在、活性化センターにある放射線検査室を復興交流館に移転させ、開かれた放射線検査の体制を構築し、風評被害の払拭に資する場となります(月曜日~金曜日まで)
名称
葛尾村復興交流館
住所
福島県双葉郡葛尾村大字落合字落合20番地1
TEL
0240-23-7767
開館時間
9:00〜17:00
休館日
火曜日

ご利用方法

  • 利用時間
    • 利用時間は開館時間帯と同じく午前9時から午後5時までとなります。
  • 通常の利用
    • 各スペースが貸し切り利用されていなければ、予約することなく、どなたでも自由にお使い頂けます。料金はかかりませんが、自由にお使い頂く場合の予約はお受けすることはできません。
  • 交流スペースおよび蔵の貸し切り(占有)利用・申し込み方法
    • 貸し切り利用がしたいスペースの空き状況を、お電話または窓口にて確認の上、「葛尾村復興交流館施設占有許可申請書」に必要事項を記入し、館内の窓口に直接お持ちいただくか、郵送でご提出ください。電話・口頭のみで申し込みをお受けすることはできません。
    • 申し込みの受付期間については、使用日の3ヶ月前に属する月の1日から開始し、使用日の1週間前までとします。
  • その他
    • 他、詳しい利用ガイドにつきましては、下記の「葛尾村復興交流館利用ガイド」をダウンロードしてご覧下さい。

pagetop